『熱都力学(ネットリキガク)』

アクセスカウンタ

zoom RSS USEN(Gyao)・livedoor(ライブドア)・フジテレビ 「放送と通信の融合」 雑感

<<   作成日時 : 2006/03/16 23:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像


USEN(Gyao)・livedoor(ライブドア)・フジテレビの「放送と通信の融合」。

先日、USENがISPサービスブランドを「Gyao」に統一するというニュースを見て「う〜む」と思った。

●USENプレスリリース
「USEN、個人向け光ファイバインターネット接続サービスの名称を変更」
http://www.usen.com/corporate/release/2006/pdf/060314_01.pdf

ISPブランドと、(誰でも利用可能である)サービスブランドは、別々のほうが良いと思っていた。
「BIGLOBE」などのISPはそれをジレンマとして捕らえているのに。。。
USENは「Gyao」ブランドで統一を図ろうとしている。。。
その矢先、livedoor株取得の一件である。そこに関連はあるのでしょうか?

●「GyaO、「USEN・ライブドア包括的業務提携」記者会見をライブ中継」
http://www.rbbtoday.com/news/20060316/29654.html
(これさえも貪欲に映像コンテンツにする「Gyao」の姿勢にリスペクト)

●USENの宇野社長、フジテレビが保有するライブドア全株式を取得
〜USENとライブドアは業務提携契約を締結〜
http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/13226.html

●「フジテレビ、ライブドア、USENが株式売却と業務提携に関する会見を開催」
http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/13230.html

●「USENは最も望んでいたパートナー」 -業務提携でライブドア平松社長
http://www.rbbtoday.com/news/20060316/29664.html


「放送と通信の融合」に関しては、
放送:「1万人が視聴」「100万人が視聴」=基本的に同じ設備でOK
通信:「1万人が視聴」「100万人が視聴」=インフラの規模がまったく異なる

この違いを捕らえて先手を打てるのは「通信」側。「放送」側はそこがボトルネックになってしまうのかもしれません。

仮にテレビ番組で視聴率20%〜30%規模の番組をネット配信するだけの耐えうるインフラ(数千万人が同時アクセス:しかも数Mbpsでの高品質配信)を保有している企業はあるのでしょうか?

・・・というか、このインフラを確保できる企業が「放送と通信の融合」の覇者として名乗りをあげると感じています。。。

ソフトバンク、USEN、NTTグループ・・・「放送と通信の融合」を虎視眈々と狙っているのかもしれません・・・。

・・・で、NECとしてはどうする?
社長交代で「ネットワーク」「研究開発」「イノベーション」を軸に強化。
NEC的「放送と通信の融合」を具現化していかなければならない時期ですね・・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
フジテレビ、ライブドアを提訴!!
フジ、週明けにもライブドア提訴へ…380億賠償請求 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070323-00000101-yom-bus_all ...続きを見る
今日は何あった?
2007/03/24 15:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
USEN(Gyao)・livedoor(ライブドア)・フジテレビ 「放送と通信の融合」 雑感 『熱都力学(ネットリキガク)』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる