『熱都力学(ネットリキガク)』

アクセスカウンタ

zoom RSS SONY(ソニー)動画共有サービス「eyeVio(アイビオ)」開始

<<   作成日時 : 2007/04/26 22:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像



SONY(ソニー)が動画共有サービス「eyeVio(アイビオ)」開始。

ネット時代における、ハード(ビデオカメラ) と ソフト・サービス の融合ですね。
(APPLEの戦略に通ずるものがある。。。でも本家はSONY!やっと来たかいう感じですね)

「eyeVio(アイビオ)」は、ユーザーがアップロードした動画共有、ソニーが提供する公式コンテンツを配信する動画配信サービス。

ユーザーは1ファイル150MBまでの動画ファイルをアップロードでき、アップロードされたファイルはFLV形式に変換されてFlash Playerで再生。

アップロードに対応したファイル形式は
mp4/m4v/mpg/flv/3gp/3g2/wmv/avi/mov/qt/vob/rm。

携帯電話にも対応。
NTTドコモのFOMA、auのCDMA 1X WIN、ソフトバンクモバイルの3G端末から動画のアップロードやダウンロードが可能。

「eyeVio(アイビオ)」では、インターネットを利用して撮影から視聴までのトータル環境を提供できる」とコメント。「ハードウェアとの連携はインターネット専業ではできないソニーならではの特徴」と他社優位性をアピール。

後は普及・浸透のフェーズですね。。。
SONY(ソニー)にしてはめずらしく?ファイル形式・対応ハードに対して幅広く適応していることに個人的に好感を持ちました。。。本気ですね。。。

●「eyeVio(アイビオ)」
http://eyevio.jp/

●SONY(ソニー) プレスリリース 2007/4/26
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/200704/07-041/index.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ソニーVS松下
「技術のソニー」VS「販売の松下」の大企業対決は過去の話? ともに戦後日本の繁栄を象徴するような巨大企業だが、その経営理念は対照的だ。 ソニーの場合は、他に類のない独創性を重視する「ソニー・スピリッツ」が創業以来の基本理念。トランジスターラジオやトリニトロン方式のカラーテレビなど、オリジナル技術を次々と開発し、世界に「ソニー」の名を知らしめた。 技術者たちのモノ造りに対するプライドがソニー成長の原動力といえるだろう。 一方の松下電器は、人気商品を高品質で大量生産し、安く供... ...続きを見る
ライバルVSライバル
2007/05/05 18:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
SONY(ソニー)動画共有サービス「eyeVio(アイビオ)」開始 『熱都力学(ネットリキガク)』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる