『熱都力学(ネットリキガク)』

アクセスカウンタ

zoom RSS 1台600万円、月額5万2500円  高級携帯電話「Vertu(バーチュ)」

<<   作成日時 : 2009/03/06 23:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


1台600万円、月額5万2500円。高級携帯電話「Vertu(バーチュ)」。このご時勢でも結構、契約者がいるという。。。
「サービスとは?」をあらためて考えさせられる商品・サービス。

ケータイ電話の筐体を著名なブランドとのタイアップモデルで話題性を喚起して展開するマーケティングが多い中で、サービスレベルからプレミアムを提供するこのサービスは興味深いです。。。

海外で富裕層向けに高級携帯電話サービスを提供しているノキア傘下のVertu(バーチュ)が、日本国内においてNTTドコモから回線を借りて日本市場でも事業を開始。

2月19日に東京・銀座に国内1号店となる「Vertu 銀座フラッグシップストア」をオープン。2009年5月には月額5万2500円のプレミアムメンバーシップサービス「VERTU Club」を開始する予定とのこと。

専用窓口にコンシェルジュがいて、携帯電話を使っている方々のライフスタイルをサポートするサービス提供をうけられる。音声でライフスタイルマネージャー(コンシェルジュサービスのスタッフ)とやりとりすることで、航空券や海外のホテル、ギフトなどの手配が可能。ライフスタイルマネージャーは、顧客の要望に24時間態勢で応じるとのこと。

また、お客様の情報を守るという観点で、英国の旧軍事施設の地下30メートル、壁の厚さが3メートルという空間にサーバを設置して、バックアップシステムを運用・・・すごい・・・。

で、着信音も、ロンドン交響楽団らが演奏したオリジナルのものを用意。

日本では2つのモデルを提供。1つは「Signature」(121万円〜)、もう1つは「Ascent Ti」(67万円〜)というシリーズ。ソフトウェアも日本市場向けにして、メールで絵文字が使えるほか、日本人の使用頻度が高いメールやウェブが、待ち受け画面のメニューからすぐ呼び出せるようになっているとのこと。。。

サービスの水準に適したニーズは常にあると。。。クレジットカードの「ゴールド、プラチナ・・・」とかの感覚に近いですね。

不況でも、富裕層はそれほど急激に影響を受けにくいとのいことで、、、マーケティングの勝利ですかね。。。
(庶民にはわからないマーケティングです)

●Vertu(バーチュ)
http://www.vertu.com/jp/

※ なぜか、この記事を書いているときに「浜田省吾のMONEY」の曲が頭の中でリフレインするのはなぜ???

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
1台600万円、月額5万2500円  高級携帯電話「Vertu(バーチュ)」 『熱都力学(ネットリキガク)』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる