アクセスカウンタ

<<  2010年10月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


adtechTokyo2010 SnapShot3 #adtechtokyo

2010/10/30 14:06

●adtechTokyo2010
http://www.adtech-tokyo.com/ja/

●ワークショップ
社団法人 日本アドバタイザーズ協会 Web広告研究会「Brand 担当者は、Digitalと結婚できるか?」
画像


●大和ハウス「デスクトップジーヴォ」セミナー
画像


●ワークショップ
株式会社ニューズ・ツー・ユー 「ソーシャルメディア時代のニュースリリース活用法」
画像

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


adtechTokyo2010 SnapShot2 #adtechtokyo

2010/10/30 13:59

●adtechTokyo2010
http://www.adtech-tokyo.com/ja/


●カンファレンス
ソーシャルメディアトラッキング:ソーシャルメディアキャンペーンの効果測定
http://www.adtech-tokyo.com/ja/conference/session_detail/October_28th_14.html
画像


●カンファレンス
あなたのビジネスに成果をもたらす最適ROI戦術をマスターする
http://www.adtech-tokyo.com/ja/conference/session_detail/October_28th_12.html
画像


●カンファレンス
日本におけるトリプルメディア・トリプルスクリーンの複合戦略
http://www.adtech-tokyo.com/ja/conference/session_detail/October_28th_19.html
画像


●カンファレンス
デジタルOOHが実現するPC/モバイル機器を超越する双方向性
http://www.adtech-tokyo.com/ja/conference/session_detail/October_29th_10.html
画像


●カンファレンス
戦略面から見直すリードジェネレーションとカスタマーロイヤリティ
http://www.adtech-tokyo.com/ja/conference/session_detail/October_29th_03.html
画像

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


adtechTokyo2010 SnapShot1 #adtechTokyo

2010/10/30 10:23
adtechTokyo2010 SnapShot1 #adtechTokyo

adtechTokyo2010に機会があって登壇。

●adtechTokyo2010
http://www.adtech-tokyo.com/ja/

感じた感想を端的にいうと(個人的見解)

1.プロモーションは、企業のメッセージを発信するのではなく、ユーザとのコミュニケーションのテーマを発信する時代になった

2.デジタルマーケティングとデジタルではないマーケティングの争いではない。
 デジタルマーケティングを基盤にしたマーケティングを組み立てる

3.ソーシャルネットワークがマーケティング活動に必ず関与する(SNSとリアルな人的交流双方含む)

このカンファレンス「adtech」は、通常のフォーラム・セミナーとは異なり、かなりインタラクティブ。
セミナーに参加して知識を得る以上に、会場以外のところで関係者とテーマについて意見交換することが重要。
そういうPartyイベントが随所に用意されています。

セッションを受講するほうは事前予約が必要ないので、話題のセッションは満員立ち見。
逆に興味関心を得られないセッションは人が少ない。登壇者側も真剣勝負を迫られます。

会場では英語比率が非常に高く、、、自分にとって大きな課題を残しました。

初日は会場全体が異様な盛り上がり・雰囲気。ピリピリした緊張感も漂って自分自身メンタル的に滅入った部分もありましたが、2日目は全体がこなれた感じ。私も会場の雰囲気に慣れ、冷静になれて」、登壇もすがすがしくできました。。。

●壇上からの光景。会場オープン時の様子。気持ちが引き締まる瞬間…
画像


●カンペの内容。
目の前にPowerPointのディスプレイと残り時間のディスプレイが2面並んでいるのですが、
いうべきポイントをメモした資料をこっそりノートPCの陰に忍ばせていました。
画像


記事へナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 1


adtech Tokyo 2010 前夜 #adtechtokyo

2010/10/27 22:54
adtech Tokyo 2010 前夜。

画像


画像


チェアマンズ・レセプションに参加し、登壇者の面々・関係者とあいさつ。意気込みを共有…。
何気に緊張している自分を認めつつ、弊社の取り組んでいることを直に伝える良い機会。

スピーカーの入館証と、何だか賞状みたいのもらいました(笑) 賞状なんて久しぶり…。

その後は、広告主 および いつもつるんでいる?気心の知れたメンバたちと前夜祭。
デジタルマーケティング界を牽引している人たちとの交流は常に刺激的。

その後、社に戻り業務を終え、あとはadtech MODEに。

昨年のadtechTokyoは傍観者で圧倒されっぱなしでしたが、今年はちょっとだけ立場が異なります。
私はここで登壇させていただきます。感慨深いです。全力尽くします。。。

●Brand Marketing:
戦略面から見直すリードジェネレーションとカスタマーロイヤリティ
10月29日 1:20pm - 2:10pm
http://www.adtech-tokyo.com/ja/conference/session_detail/October_29th_03.html

記事へナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0


広告主にとっPDCAサイクルの中で、P・C部分はよりインタラクティ・ソーシャルになっていくのかな

2010/10/09 23:45
某女性社長から「最近、ブログ書いてないよね」と指摘され、そういえば書いてないし、書いてもYouTubeの埋め込みレベルだったので、ちょっと反省。

Twitterはフロー・コミュニケーション、Blogはアーカイブ。
それを肝に銘じ。。。

***********

PDCAサイクルの中で、P:計画・C:検証部分はよりインタラクティブ・ソーシャルになる。
広告主の時代になり、プロモーション施策の成果は広告主のサーバに蓄積され検証される。
(視聴率・発行部数…は自分たちではわからないけれど、ROI・アクセス、サイト遷移、コンバージョン…などは把握可能だから)

でも、検証の過程で、自分たちだけでは判断できない部分が必ずある。それを公開して、意見を求める。
ネットPRでも、取材でも、講演でも何でもいい。積極的に公開しよう・発信しよう。

広告主はこれまで「広告代理店」がやっていてくれたことも積極的にやらなければならない時代になりました。
データを持っている人が率先して公開する。そうしないと、デジタルマーケティング自体が行き詰ってしまうから。
今後もそうありたいと思っています。そうすると数倍得るものが多いとわかっているから。

そして、今後は「P:計画」の部分についてもインタラクティブ・ソーシャルで推進していければと考えています。

とりあえず、メモレベルの雑記にて。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


1990年前後によく聴いた曲。今、聴いても新しい。音楽って進化してないの?自分が歳とっただけ?

2010/10/09 22:50
1990年前後によく聴いた曲。今、聴いても新しい。
20年ぐらい経つけれど音楽って進化してないの?自分が歳とっただけ?

子供のころ、親が演歌や懐メロ聴いて、懐かしんでいた気持ちが充分にわかり始めた。

around40世代は、「山口百恵」「キャンディーズ」「ピンクレディー」と同様、このテクノ・ダンス系の黎明期を経験している貴重な世代ですね。

●Heavy D & The Boyz - Now That We Found Love ft. Aaron Hall


●Nomad - (I Wanna Give You) Devotion


●Pete Shelley −Telephone Operator


●Quadrophonia - Quadrophonia


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


20年前の「Soft Ballet :ソフトバレイ」の音楽。今だからこそ、イイ

2010/10/08 23:24
Soft Ballet :ソフトバレイ。

1988年結成、1989年メジャーデビューのバンド。
テクノなビートと、過激でノイジーな音が融合し、ある種、芸術の域に達した興味深い音楽だった。
ライブ会場や、ヘッドフォンで大音量で聴いているとトランス状態になる音楽…。
好きだっかけれど、当時、周囲にうまく説明できなかった…。

今、「カプセル」や「パフューム」の音楽が好きな人は、「Soft Ballet :ソフトバレイ」も興味あるはず。

個人的には「Needle」のトランス感が好きです。

●Soft Ballet - 「Body to Body」


●Soft Ballet - 「Needle」


●Soft Ballet 「Ego Dance」

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


<<  2010年10月のブログ記事  >> 

トップへ

『熱都力学(ネットリキガク)』 2010年10月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる