アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ブランドサミット」のブログ記事

みんなの「ブランドサミット」ブログ


「iMEDIA Brand Summit Japan 2011」参加後の雑感(その1)

2011/05/29 23:11
●「iMEDIA Brand Summit Japan 2011」(ブランド サミット ジャパン 2011)
http://imediasummit.jp/brand/index.html

・2011年5月23日(月)〜26(木)
・沖縄 残波岬ロイヤルホテル

国内外のマーケター(広告主・サプライヤー…)が集い、現状の課題や次世代のマーケティングモデルについて徹底的に討議する招待制の合宿研修ビジネスサミット「iMEDIA Brand Summit」(ブランド サミット ジャパン 2011)。今回、国内初開催のことで、幸運にも参加する機会に恵まれました。

●個人的な参加目的
・マス広告も含めた広告効果指標・ROI (ソーシャルメディアの効果指標を含)
・社内におけるデジタルマーケティング部門の位置づけ・理解度

参加後のまとめを書こうと思いましたが、頭の中がまだ沸騰している感じで、整理できておらず、断念していました。
まずは今の感覚を雑感としてメモレベルのコメントを残します。


以下:メモ
*****

●・・・とにもかくにも、「iMEDIA Brand Summit Japan 2011」は終わってない、、、ということです。
「ad:Tech」に参加したときも感じたことですが、セミナー受講して学ぶことが目的ではなく、それをきっかけに議論をはじめることが目的かつ重要。「ブランドサミット」では人脈形成・意見交換をAM8:00〜AM1:00を3日間通しておこなうハードな合宿研修。 東京に戻ってからも、facebook上でグループができ、ネットワーキングや感想や議論の続きが始まっている状況。大きなうねり(グランズウェル)を感じてます。

●海外ではこういうイベントが頻繁に開催されている。。。この差を痛感しました。

●参加したものが周りの者にレポートすることはできますが、この「シズル感」「付加価値」を伝えることは困難。
ネットワーキング(人脈形成)で得られる価値が、この先に発展していくものなので、セミナーのレポートレベルでは伝えきれない。逆に参加していない者からは「ブランドサミットってそんな程度のものなの?」と過小評価される危惧もあるので、どうレポートして良いか悩んでいます。。。
なので私は、結果をレポートするのではなく、「私も参加したい」と思ってもらえるような啓蒙につながるようなレポートを作成できればと思っています。

●Google、Yahoo!はコモディティ化したのかトピックはあまりなく、Twitter、facebookの動向・活用の話がやはり中心でした。 イベント中の参加者間の連絡もTwitterやfacebookが中心。皆使いこなしています。夜にTwitterでホテルのバーに呼び出されることも。。。(笑)

●代理店さんの最先端の取り組みをセミナーや食事中に伺い、「私が必要としているツール・サービスは現時点でもすでにあるんだな…」と感じました。それがなせ、日常業務で代理店さんから提案されないのか??あらたな疑問は生じましたが…。

●「実行」しなければ意味がない。変えることができるのは信念も持った人だけ。 
そんな感じのコメントがありずっと刺さっています。

●主催者dmg::eventsの皆さま、大和ハウスグループの皆さまに多大なる感謝です。ありがとうございます。
毎夜の夕食のコンセプトや、日本ではこの夏「花火大会が中止になるところも多いので」ということでサプライズの花火大会を開催いただいたことなど、ホスピタリティやエモーショショナルな部分での「サービス」を学ばせていただきました。。

・・・・個別のセミナーの報告は別の機会に。。。まずは自分の中で湧き上がってる感覚を吐き出してみました。

以上





記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


トップへ | みんなの「ブランドサミット」ブログ

『熱都力学(ネットリキガク)』 ブランドサミットのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる