アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「google」のブログ記事

みんなの「google」ブログ


Google「Think Mobile with Google」@BlueNoteTokyoに参加

2011/06/13 23:32
2011.6.13
Googleさんの主催イベント「Think Mobile with Google」@BlueNoteTokyoに参加させていただきました。

・これは米国NewYorkのときのプロモ映像


Googleが「Think Mobile」をテーマに、かなりMobileに特化したセミナーイベント。
会場はJAZZ系のライブハウスで有名なあの「BlueNoteTokyo」。独特な雰囲気の中でIT系セミナーを開催するというミスマッチ感もありワクワクしました。業務の関係でかなり遅れて参加。後半しか参加できませんでしたが、自分の中でモヤモヤしていた「Mobile」というキーワードが何となくすっきりした感じ。

前半はGoogleさんのMobile技術やHTML5に関する最新の取り組みなどを紹介されていたようです。聞けなくて残念。。。私が聴いていて、ざっくりとまとめたメモの中から拾い出してみると

・Mobileは携帯電話ではなく移動時のプラットフォーム全般
・MobileかPCではなく、PCを使う人はMobileも使う
・だからデバイスではなく利用する人を見る
・Mobile起点のIMC(統合マーケティングコミュニケーション)の時代
・これからも利用者の価値優先でテクノロジは加速度的に進化していく
・TRYすることが重要。SPEEDも重要。正解がないので試して検証を重ねるしかない
・・・などなど。。。こういう言葉が飛び交っていました。

Webコンテンツのスマートフォン対応やらなくちゃ…とは次元の異なる話なのです。
個人的にはそうなると、マルチデバイス対応しているプラットフォーム(YouTube、facebook、Twitter…)およびHTML5の活用がやはり非常に魅力的に見えるのです。。。

で、「スマートフォン」の定義は世界では「インターネットが利用できる携帯電話」とのことで、へぇ〜と思ってしまいましたが、日本では10年前に実現していたこと。だから実はこの「モバイル」ブームは日本が一度体験していること。それが今全世界レベルで起こっている。日本は今後の事業戦略を見誤らずに、進化のスピードについていこう…的な発言が印象に残っています。

さぁ、自分は何ができるか?何をすべきか…。

本イベントのラストの夏野氏のプレゼンテーションは、迫力があり揺動的で悩んでいる・迷っている人の背中を押す貴重な機会だったと思います。

記事へ面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0


「Googlezon」とは何ぞや?そして「EPIC」がもたらす近未来は?

2005/09/14 00:28
「熱都力学」では、紙媒体メディアが高級嗜好品となった近未来。それを予言・具現化するような話が「Googlezon」。怖いぐらいに予言しています。GoogleとAmazonが融合した架空の会社「Googlezon」。ネットメディアを決定付ける象徴的企業の誕生。コレって。。。と思っていたら映像にもなっていました。

日本語字幕化されたようで見やすくなっています。結構しっかり作られていますね。面白い。
往年の「カノッサの屈辱」のような香りもして。。。まじめなエンタテインメントは、面白く、そして考えさせられる。。。今後、メディア・情報はどうなっていくのでしょうか???

●映像 約8分 日本語字幕つき(視聴無料)
http://probe.jp/EPIC2014/

●参考 : ITmedia 記事
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0507/06/news099.html

「“Googlezon”時代のビジネスモデルとは」
GoogleとAmazonが融合した架空の会社「Googlezon」。近い将来企業は、個人の趣味嗜好をつかんだGooglezon型有名企業と、Googlezonにサービスを提供する「イネーブラー型」に二極化するとNRIは予測する。

Googlezon時代、ネット企業の二極分化が進む――野村総合研究所(NRI)がこんな見解を示した。Googlezonとは、GoogleとAmazonを統合した架空の企業で、個人情報をがっちりつかみ、ユーザーの窓口になる有名企業だ。集客力を持たない企業は、Googlezonにサービスを提供する「イネーブラー(Enabler)型」となり、ポイント制を活用してGooglezonと連携していくという。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「Google Earth」 「Google Moon」 空中遊覧散歩で癒される

2005/08/06 03:38
画像
久しぶりに「熱都力学」に関して触れます。人工衛星データを気象や軍事目的だけではなく、エンタテインメントや生活に密着させて提供するというサービスが「熱都力学」にも登場していました。カーナビ/GPSをもっと高機能・高付加価値したサービスとでも言うのでしょうか? 携帯地図として気軽に人工衛星データを活用しています。

それに似たサービスが現実に出ていたのですね。。。
「Google Earth」。久々にネットならではのコンテンツ・ツールだと思いました。
人工衛星ってすごいんですね。俯瞰して好きな場所を探索できる。

一度さわるとはまってしまう。。。思いは馳せて空中散歩。結構、癒し効果もあるのではないでしょうか? ストレス解消にもなるかもしれません。。。

・・・余談ですが、こういうことがすでに現実になるのであれば、AKIRAの「SOL」はもう具現化できてしまうのですね。。。すごいというか、怖いというか。。。

今後は「Google Moon」とか提供してもらって月面散歩もしてみたいです。
「Google ギャラクシー」で太陽系散歩でもいいですよ。結構はまりそうな気配です。

。。。何気なく検索したら「Google Moon」もありました。驚き!!!
http://moon.google.com/

まだの方はぜひともお試しあれ。取り急ぎ「Google Earth」オススメです。

「Google Earth」サイトからダウンロードしてください
http://earth.google.com/
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


トップへ | みんなの「google」ブログ

『熱都力学(ネットリキガク)』 googleのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる