パーソナルロボット NEC「PaPeRo(パペロ)」

画像


NECが開発したパーソナルロボット「PaPeRo(パペロ)」。

愛知で開催された「愛・地球博」に出展した「チャイルドケアロボット PaPeRo」として知っている人も多いと思います。

NEC社員としては以前「R100」として開発されたパーソナルロボット「PaPeRo」は知っていましたが、、、2005年にリニューアルされていた点について詳細まではあまり把握していませんでした。。。お恥ずかしい限りです。
NEC・マーケティングとして今後「PaPeRo」の活躍の場を広げるべくいろいろ頑張っていきます。よろしくお願いします。

BIGLOBE連携で「PaPeRo」の番組でも制作してさらにWebでの露出・認知拡大を狙いましょうか?


<新「PaPeRo」製品の機能比較>

●処理能力
「従来のPaPeRo」
CPU : 500MHz
メモリ : 60~192MB
HDD : 6GB

「新型 PaPeRo 2005」
CPU : Pentium-M 1.6GHz
メモリ : 512MB
HDD : 40GB

(基本スペックがかなり高まっている。。。)

●拡張性
「従来のPaPeRo」
PCカードスロット : 無
外部 USB IF : USB 1.1 ×1ポート
外部電源出力 : 無

「新型 PaPeRo 2005」
PCカードスロット : 2スロット
外部 USB IF : USB 2.0 ×2ポート
外部電源出力 : 5V / 12V

(既存メディアとの親和性高し。。。応用利きそう)

●マイク
「従来のPaPeRo」
マイク : 4個(おでこ×1、襟×3)
音声信号処理 : 音源方向検出

「新型 PaPeRo 2005」
マイク : 8個(おでこ×1、襟×7)
音声信号処理 : 音源方向検出、雑音除去

(インタラクティブという観点では音声認識の制度が重要)

・・・まぁ、例えるなら、量産ザクとシャア専用ザクぐらいの性能比なのでしょうか?
(3倍のスピード????)何となくの感覚です。


<参考>
下記は、ロボット工学のシロウトの私でも興味深く・わかりやすく解説してくれている
GoodなWebサイトです。ご参照ください。

●NEC(「ロボット開発センター」(PaPeRo Webサイト)
http://www.incx.nec.co.jp/robot/robotcenter.html

●ロボットソフトウェアプラットフォーム「RoboStudio」
http://www.necst.co.jp/product/robot/index.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック