気持ちを光で表現する「言花(KOTOHANA)」

画像


気持ちを光で表現する「言花(KOTOHANA)」。人の感情を読み取るツール。感情を感知するインタラクティブな装置。人間版の「バウリンガル」か?ウソ発見器のエンタメ版か?という感じでもあります。まずは体験してみたい。。。

「BIGLOBEストリーム」の番組とタイアップ/プロダクトプレイスメント展開して「言花(KOTOHANA)」の認知・露出を広めてみようかなと思ってみました。。。

試してみたいですよね。早速、社内の担当者にコンタクト。。。
でも、担当者は今、ドイツ。3月9日から15日までドイツのハノーバー市で開催される世界最大のIT見本市「CeBIT」(国際情報通信技術見本市)に「言花(KOTOHANA)」出展している関係です。帰国後、具体的に相談してみる予定です。。。

***********************
<参考>

言花(KOTOHANA) : フィーリング・コミュニケーター

人の感情を伝える通信端末は、私たちの夢でした。
そして、その実現は目前に迫っています。
そこで私たちは、生活の中で感情を伝え合うための、最適なかたちを考えました。
たとえば、あなたが喜んでいるとき、離れたところにいるあなたのパートナーも、
いっしょに喜びを分かち合うことができたら、私たちの生活はさらに豊かになるのではないでしょうか。
言花(KOTOHANA)は、花のような形をした二つの端末がセットになっています。
端末は、ユーザーの発話から感情を認識して信号に変え、互いに送り合います。
端末に伝えられた感情は、花の色の変化でさりげなく表現されます。

技術協力 : 日本SGI株式会社


●NECプレスリリース : 気持ちを光で表現する「言花(KOTOHANA)」を共同開発
http://www.nec.co.jp/press/ja/0603/0304.html

●NECデザイン : アドバンストデザイン
http://www.nec.co.jp/design/ja/advance/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

浅野
2006年05月11日 12:08
はじめまして。
昨日の「東京新聞」で「言花」のことが紹介されていたので、私の研究にも使えそうだと思い、ネットで検索していたところ、この記事にたどりつきました。

感情は、客観的な情報(データ)として取り出すことが難しいので、コミュニケーション技法などに関する科学的な研究がなかなか進みませんが、「言花」のような機器の精度が向上すれば、そして安価になれば、研究にも大いに貢献するのではないかと思っています。

対話法研究所のHP
http://www.taiwa.org/in.html

この記事へのトラックバック

  • 感情が「目で見える」IT機器

    Excerpt: 昨日の「東京新聞」で、話し手の感情が三色の光の変化として見えるようにする「言花 Weblog: 対話の部屋からこんにちは racked: 2006-05-11 12:43