日経BPコンサルティング「ブランドジャパン2006」について

画像


日経BPコンサルティング「ブランドジャパン2006」の結果発表がありました。

結果は下記URLでご参照いただければわかるのですが、
シロウト見解で思うのは、やはり消費者とビジネスパーソンで明確に結果が分かれる点です。
これは、企業の判断基準のシビアさなのでしょうか?
マス広告・パブリシティ・ブランディング・実績のバランスが取れればある程度消費者への認知が高まると思いますが、ビジネスパーソンの評価軸は厳しいのでしょうね。。。

●ブランドジャパン2006
http://branding.nikkeibp.co.jp/br/bj2006/

●「ブランドジャパン2006 結果リスト」
http://consult.nikkeibp.co.jp/consult/release/pdf/bj060421.pdf
消費者部門第一位 : 「スタジオジブリ」
ビジネスパーソン部門第一位 : 「トヨタ自動車」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック