「ネット連動型テレビCMへの反応度調査」 NikkeiBP NET 調査より

「ネット連動型テレビCMへの反応度調査」の概要
■調査方法 Web調査(インターネット調査)
■調査対象
(告知方法) マクロミルが保有する調査モニターから
自宅でインターネットにアクセスする人を抽出し、
調査回答依頼メールを配信。Webで回答を募った。
■調査期間 2006年10月30日(月)~10月31日(火)
■有効回答数 312件

・・・という調査報告書がありました。
興味があったので眺めてみました。

結論を簡単に言うと、
「商品に興味がある(興味を持った)」
「テレビCM自体がおもしろく、Webに自主的にアクセスしたくなった」
・・・という動機づけが出来るかどうかということですね。

単に「続きはWebで」とか「***で検索してね」とやっても無理だということ。
最近、氾濫してますね。。。

●ネット連動型テレビCMへの反応度調査(前編)
http://www.nikkeibp.co.jp/netmarketing/databox/nmdb/061201_crossmedia/

●ネット連動型テレビCMへの反応度調査(後編)
http://www.nikkeibp.co.jp/netmarketing/databox/nmdb/061219_crossmedia2/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック