NTTドコモ「Docomo2.0」始動 プロモーション展開本格開始

画像


NTTドコモ「Docomo2.0」始動。

「さて、そろそろ反撃してもいいですか?」
・・・と防戦一方だったことをある意味認めつつ、反撃ののろしを上げた「NTTドコモ」。大々的なキャンペーン展開の開始です。

「ケイタイ戦争」というよりも個人的には「マーケテイング/宣伝広告戦争」。その行方に興味があります。


・出演者
浅野 忠信
長瀬 智也
妻夫木 聡
瑛太
吹石 一恵
土屋 アンナ
蒼井 優
北川 景子

・総合企画 : NTTドコモ広報部
・広告代理店 : 株式会社NTTアド / 株式会社電通
・クリエーティブエージェンシー : TUGBOAT
・制作会社 : 株式会社東北新社
・クリエイティブディレクター : 岡 康道(TUGBOAT)
・プランナー : 多田 琢(TUGBOAT) / 麻生 哲朗(TUGBOAT)
・ディレクター(監督) : 関口 現

・・・ってラインナップ観ただけでも「無敵」って感じですね。。。

(TV-CM観たときに映画「SURVIVE STYLE5+」を彷彿させるトーン・リズムがあったので、スタッフのラインナップはある程度は想定できましたが、、、)

高速のカット割で登場感・期待感を醸成しつつ、「続きはWebで」などと野暮なことはやらずにマインドを一気にWeb方向に誘導!・・・「DoCoMo2.0」はこの場合、検索キーワード・Buzzワードにもなると。。。そこまで事前に考えていたらアッパレです。

この先の展開が楽しみです。。。

●NTTドコモ「Docomo2.0」サイト : CM・メイキングなどを展開中
http://docomo2.jp/top.html

●NTTドコモ「Docomo2.0」トピック ドコモのCM
http://www.nttdocomo.co.jp/corporate/ad/


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年05月13日 18:43
CF見ましたが、私には早くてついていけなかったですね。1秒毎にシーンを割り付けるとはねぇ。これから、8名それぞれのシーンでのCFが展開されるのでしょうけど、だから何?って感じるのは、私だけ。イメージ広告と割り切ってみれば、お金をたっぷりかけました。という見方もできますがね。
2007年05月13日 22:27
「tkawaiさん」コメントありがとうございます。

ターゲットとされる層が接触するアニメ・コミック・ドラマなどのカット割のスピード感ではないでしょうか?個人的には好きです。

意味があるかどうか(売上に寄与するか)はこの先なのでしょうね。
少なくとも認知率を一気に高める策としては成功しているようです。

ギミックとして以前auのCMに出演していた役者を起用するなど細かいところもあるようですが。。。

「Docomo2.0」ではなく「ケイタイ2.0」ぐらい大きなスコープで展開して欲しかった気もしますが、、、。自社の変革を主眼に置くことが吉と出るか凶と出るか。。。

この記事へのトラックバック