映画「ブレードランナー ファイナルカット」上映中。

画像


映画「ブレードランナー ファイナルカット」上映中。

『ブレードランナー』 (Blade Runner) は、1982年公開のアメリカ映画。フィリップ・K・ディックのSF小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』を原作としたSF作品。

2019年のアメリカLAが舞台。いろんな人種でにぎわう未来都市。当時、未来都市はそんなにきれいで便利な街ではなく、今の街に継ぎはぎして混沌としているかもね。。。と衝撃的な未来予想図に妙に納得した映像でした。

初公開から25年を迎えたSF映画の傑作が、「ファイナルカット」として監督自身の再編集、デジタル修整で復活。

ハリソン・フォード出演作としては興行収入的にかなり悪かった作品なのですが、SF史というか映画史に残る名作であることには間違いありません。

「ブレードランナー」は監督の熱い想いとコアなファンの想いが重なり、さまざまなバージョンが出ています。82年の劇場公開の後、特別版、最終版(ディレクターズカット)、そしてこの「ファイナルカット」。

「ファイナルカット」は11月17日(土)~30日(金)までの2週間限定で東京(新宿バルト9)、大阪(梅田ブルグ7)の2館4スクリーンにて劇場公開。これは観にいきたい映画です。

●シネマスクランブル「ブレードランナー ファイナルカット」
http://cinesc.cplaza.ne.jp/db/review/mo5616/index.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック