「勝手広告」と「公式広告」


先日、勝手広告に関する記事を書いたら思いのほか反響が多かったので、もう少し補足してみます。。。

ケータイの「勝手サイト」の発想で、企業の「勝手広告」などのジャンルが今後ひそかに生まれそう。企業による企画制作の「公式広告」と、ユーザ(ファン)が独自に企画制作した「勝手広告」。

もしそうなると、クリエイティブ関してはノーコントロール。その流れに企業が身をゆだねられるかどうかが鍵となります。ユーザ(ファン)を信頼して味方につけた企業が勝つという、まさに「エンゲージメント」を体現する時代への突入です。

プロモーション・クリエイティブの価値基準も変わってきそうですね。
露出・波及・話題量が価値軸となっていくのでしょうか?

以前、「中村至男 + 佐藤雅彦」によるこういう書籍もでていました。
時代到来への示唆だったのでしょうか。。。

勝手に広告
勝手に広告中村至男+佐藤雅彦

マガジンハウス 2006-09-30
売り上げランキング : 58558

おすすめ平均 star
star静かなクリエイティブたち
star勝手に広告できる凄さに脱帽。
starやっぱりいいです佐藤雅彦さん

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック