網膜ディスプレイ。ブラザー工業「メガネ型網膜走査ディスプレイ」を開発

画像


<実際に見えるイメージ>
画像


ブラザー工業が網膜ディスプレイの研究開発をすすめていたが、今回、大幅な小型化を実現したメガネ型RIDの試作機の開発に成功したとのこと。

今回開発に成功した網膜ディスプレイの特長
①透過型ディスプレイのため、実際の視野と重ねてRIDの画像を見ることができます
②他人に画像を見られることなく、機密情報などを安全に見ることができます
③メガネ型のコンパクトサイズでありながら、大画面を見ることができます

眼の奥の網膜に直接画像を映すという「見る」ではなく「視神経に画像を直接インプットする」感じ。
SFのような世界がまた現実のものになるのですね。

●ブラザー工業 プレスリリース 
メガネ型網膜走査ディスプレイを開発
http://www.brother.co.jp/news/2008/rid/index.htm

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック