NHK地球エコ2008 教育テレビ 12/29 放送時間短縮について

12月29日(月)、NHKは自ら、教育テレビの放送時間を短縮し、電力節減によるCO2を削減する試みと、総合・教育両波での環境関連番組の編成を通して、「地球環境を考える一日」にするとのこと。

NHKの本来業務である放送を、自ら短縮することで、『毎日の放送をおこなうためには、多くの電力を必要とし、多量のCO2を排出していること』を「送り手」であるNHKと「受け手」である視聴者双方がともにあらためて自覚し、電力節減、CO2削減への取り組みをさらに広げようというのが目的とのこと。さすが・・・。

12月29日(月)の放送時間は、後0:30~9:30の9時間。定時の放送時間と比べた場合、前5:00~後0:30と後9:30~翌日前2:50、合計12時間50分短縮。

放送休止中は、アナログ放送の全国約3,100箇所の送信所で電波を停めることで、定時放送をおこなっている日に比べ、約17,000kWhの節電、CO2約9.4トンの削減。

自らのサービスの自粛による「エコ」の訴求。これは効きますね。
私は朝、テレビをつけて映らなかったので故障かと思いました、、、が、事実を知って納得。すばらしい試みだと思います。。。

●NHK 教育テレビ 12/29 放送時間短縮について
http://www.nhk.or.jp/eco2008/etv/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック