「アドボカシーマーケティング」読書中。「顧客にとっての最善」を優先するコミュニケーション


画像


「アドボカシーマーケティング」読書中。2006年に翻訳された書籍。中古で購入したまま、読んでなかったので読み始めました。

「顧客支援」を軸に「顧客にとっての最善」を優先するマーケティングコミュニケーションの考え方。

・プル・プッシュ戦略 → CRM戦略 → アドボカトシー戦略 の流れになっていくという。

昨今話題になっている、企業のソーシャルメディア活用にも通ずる概念です。ただし、バランスが大切。マスメディアなどを活用したプルプッシュが不要なのではなく、今・これからの時代に最適な組み合わせが必要だということ。その通りだと思います。


アドボカシー・マーケティング 顧客主導の時代に信頼される企業 (ウォートン経営戦略シリーズ)
アドボカシー・マーケティング 顧客主導の時代に信頼される企業 (ウォートン経営戦略シリーズ)スカイライトコンサルティング

おすすめ平均
starsビジネスとなると実現に課題が残る
starsこの理想の果てにある世界は?
stars原点回顧は最近の思想か?
stars投資対効果の視点がないのでやや物足りなさが残る。
stars今日、さらに支持される概念

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック