アクセスカウンタ

『熱都力学(ネットリキガク)』

プロフィール

ブログ名
『熱都力学(ネットリキガク)』
ブログ紹介
熱都力学(ネット リキガク)の名前の由来は・・・「NETによる力学」「東京・亜熱帯都市での力学」など複合的な意味を持つタイトルとしてつけてみました。

・・・私は1960年代後半生まれで、現在、企業の宣伝部門に在籍しており、Webを活用したマーケティング/プロモーションの企画・推進・実施担当しています。

URLのmorningfire(モーニングファイヤー)は私のニックネーム(ハンドル名)です。

日々の業務に関すること、日常で興味もったこと、おもしろかったことなど何となく書いてみます。よろしくお願いします。
zoom RSS

Movie「The Social Network - Club Scene」

2011/09/04 13:58

映画「ザ・ソーシャル・ネットワーク」よりクラブシーン。

マークをけしかける?!加速させる?!ショーン。

自分たちが思い描いている方向が正しいと思う道(本当に正しいかどうかは別として熱量の増大)で高揚していくシーンが個人的に刺激的。

業務で悩むときも、このシーンを思い出します。常識は過去のもの。改善は改革。

The Social Network - Club Scene


The Social Network - Disco scene soundtrack (HQ Download included)

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


YouTubeでのブランデッドエンタテインメント/ユーザエクスペリエンス

2011/06/16 23:25

Googleさんとの打ち合わせでこんなのばかり見てたら刺激受けた。いい意味で挑発された感じ。

●NSFW. A hunter shoots a bear!
http://www.youtube.com/watch?v=4ba1BqJ4S2M

●desperados experience
http://www.youtube.com/desperados

・ちなみに desperadosシネマversion.


●自分の中での方程式:
テクノロジ+エンタテインメント=ユーザエクスペリエンス→ブランデッドエンタテインメント

特にIT企業であれば、自社のテクノロジとエンタテインメントを組み合わせてオンライン上でユーザに体験させてあげるべき。技術を長々と語るより楽しく気軽に体験させたほうがずっと理解が深まる。

文字通り、百聞は一見にしかず…。
もとい、百聞は十見、いや一体験にしかず。そして、今はソーシャルネットワークで千倍に拡散する。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Google「Think Mobile with Google」@BlueNoteTokyoに参加

2011/06/13 23:32
2011.6.13
Googleさんの主催イベント「Think Mobile with Google」@BlueNoteTokyoに参加させていただきました。

・これは米国NewYorkのときのプロモ映像


Googleが「Think Mobile」をテーマに、かなりMobileに特化したセミナーイベント。
会場はJAZZ系のライブハウスで有名なあの「BlueNoteTokyo」。独特な雰囲気の中でIT系セミナーを開催するというミスマッチ感もありワクワクしました。業務の関係でかなり遅れて参加。後半しか参加できませんでしたが、自分の中でモヤモヤしていた「Mobile」というキーワードが何となくすっきりした感じ。

前半はGoogleさんのMobile技術やHTML5に関する最新の取り組みなどを紹介されていたようです。聞けなくて残念。。。私が聴いていて、ざっくりとまとめたメモの中から拾い出してみると

・Mobileは携帯電話ではなく移動時のプラットフォーム全般
・MobileかPCではなく、PCを使う人はMobileも使う
・だからデバイスではなく利用する人を見る
・Mobile起点のIMC(統合マーケティングコミュニケーション)の時代
・これからも利用者の価値優先でテクノロジは加速度的に進化していく
・TRYすることが重要。SPEEDも重要。正解がないので試して検証を重ねるしかない
・・・などなど。。。こういう言葉が飛び交っていました。

Webコンテンツのスマートフォン対応やらなくちゃ…とは次元の異なる話なのです。
個人的にはそうなると、マルチデバイス対応しているプラットフォーム(YouTube、facebook、Twitter…)およびHTML5の活用がやはり非常に魅力的に見えるのです。。。

で、「スマートフォン」の定義は世界では「インターネットが利用できる携帯電話」とのことで、へぇ〜と思ってしまいましたが、日本では10年前に実現していたこと。だから実はこの「モバイル」ブームは日本が一度体験していること。それが今全世界レベルで起こっている。日本は今後の事業戦略を見誤らずに、進化のスピードについていこう…的な発言が印象に残っています。

さぁ、自分は何ができるか?何をすべきか…。

本イベントのラストの夏野氏のプレゼンテーションは、迫力があり揺動的で悩んでいる・迷っている人の背中を押す貴重な機会だったと思います。

記事へ面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0


「iMEDIA Brand Summit Japan 2011」参加後の雑感(その1)

2011/05/29 23:11
●「iMEDIA Brand Summit Japan 2011」(ブランド サミット ジャパン 2011)
http://imediasummit.jp/brand/index.html

・2011年5月23日(月)〜26(木)
・沖縄 残波岬ロイヤルホテル

国内外のマーケター(広告主・サプライヤー…)が集い、現状の課題や次世代のマーケティングモデルについて徹底的に討議する招待制の合宿研修ビジネスサミット「iMEDIA Brand Summit」(ブランド サミット ジャパン 2011)。今回、国内初開催のことで、幸運にも参加する機会に恵まれました。

●個人的な参加目的
・マス広告も含めた広告効果指標・ROI (ソーシャルメディアの効果指標を含)
・社内におけるデジタルマーケティング部門の位置づけ・理解度

参加後のまとめを書こうと思いましたが、頭の中がまだ沸騰している感じで、整理できておらず、断念していました。
まずは今の感覚を雑感としてメモレベルのコメントを残します。


以下:メモ
*****

●・・・とにもかくにも、「iMEDIA Brand Summit Japan 2011」は終わってない、、、ということです。
「ad:Tech」に参加したときも感じたことですが、セミナー受講して学ぶことが目的ではなく、それをきっかけに議論をはじめることが目的かつ重要。「ブランドサミット」では人脈形成・意見交換をAM8:00〜AM1:00を3日間通しておこなうハードな合宿研修。 東京に戻ってからも、facebook上でグループができ、ネットワーキングや感想や議論の続きが始まっている状況。大きなうねり(グランズウェル)を感じてます。

●海外ではこういうイベントが頻繁に開催されている。。。この差を痛感しました。

●参加したものが周りの者にレポートすることはできますが、この「シズル感」「付加価値」を伝えることは困難。
ネットワーキング(人脈形成)で得られる価値が、この先に発展していくものなので、セミナーのレポートレベルでは伝えきれない。逆に参加していない者からは「ブランドサミットってそんな程度のものなの?」と過小評価される危惧もあるので、どうレポートして良いか悩んでいます。。。
なので私は、結果をレポートするのではなく、「私も参加したい」と思ってもらえるような啓蒙につながるようなレポートを作成できればと思っています。

●Google、Yahoo!はコモディティ化したのかトピックはあまりなく、Twitter、facebookの動向・活用の話がやはり中心でした。 イベント中の参加者間の連絡もTwitterやfacebookが中心。皆使いこなしています。夜にTwitterでホテルのバーに呼び出されることも。。。(笑)

●代理店さんの最先端の取り組みをセミナーや食事中に伺い、「私が必要としているツール・サービスは現時点でもすでにあるんだな…」と感じました。それがなせ、日常業務で代理店さんから提案されないのか??あらたな疑問は生じましたが…。

●「実行」しなければ意味がない。変えることができるのは信念も持った人だけ。 
そんな感じのコメントがありずっと刺さっています。

●主催者dmg::eventsの皆さま、大和ハウスグループの皆さまに多大なる感謝です。ありがとうございます。
毎夜の夕食のコンセプトや、日本ではこの夏「花火大会が中止になるところも多いので」ということでサプライズの花火大会を開催いただいたことなど、ホスピタリティやエモーショショナルな部分での「サービス」を学ばせていただきました。。

・・・・個別のセミナーの報告は別の機会に。。。まずは自分の中で湧き上がってる感覚を吐き出してみました。

以上





記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


紅葉と桜。彩の変化(へんげ)

2011/04/09 12:55
2010.11
画像


2011.04
画像


いつも見ている近所の景色。季節の移り変わりを感じます。これから何度も何度も繰り返せますように…。
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


自分のブログ「ネットリキガク」が7周年とのこと

2011/03/23 23:57

先日、BIGLOBEの事務局から連絡を受けました。

ブログ開設7周年目の知らせでした。

気づけば2005年3月にこのブログを開設して、そして何だかんだで2011年3月。

当時、BIGLOBEに在籍していたころ、「CGMの時代、自社サービスを自ら活用して利便性・サービス向上に寄与すること」が主目的でブログを始めたような感じだったような気もしますが、続けていくうちに・・・・

・ブログネタを日々探すうちに自分の興味関心の軸が明確になる(自分の琴線が見えてくる)

・SEOの実践的勉強になる(タイトルのつけ方、本文中のキーワードの織り交ぜかたなど。これまでの広報文作成を基に、ネットでのネットPR原稿作成の原案がここでできたような気がします)

・ブログパーツや、ユーザーローカル「なかのひと」などの各種ツールの実験場にできたこと

・蓄積型コンテンツの価値を体感できたこと(過去の投稿に今だにアクセスがあることの実感)

などの副次的効果が自分にとって財産になっているような気がします。

「ネットリキガク」。ブログを書いていたことで、ブロガーミーティングなど参加させていただき、貴重な人的交流もありましたし、今のWeb関連の人的交流の基盤にもなっています。そして、ネットマーケティングを体感し続けてきた土壌でもあります。

いろいろな思いをコンテンツにしてきた場所。いろいろ学んできた場所。ここはこれからも変わらない場だと思います。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Web検定「Webリテラシー」受験・合格

2011/03/09 23:21

部署で推奨資格のひとつとされているWeb検定「Webリテラシー」資格を受験して合格できました。

●Web検定「Webリテラシー」資格 公式サイト
http://www.webken.jp/literacy/

以前にNTTコミュニケーションズ「ドットコムマスター★」資格は取得していたのですが、今回はWeb検定「Webリテラシー」に挑戦しました。

久しぶりに「プロメトリック社」のパソコンでの試験。昔、教育部門に在籍していた頃にロータス社(ドミノ/ノーツ)のインストラクター資格を製品ごと、バージョンごとに受験しまくっていました。ある意味懐かしいです。。。

…で、Web検定「Webリテラシー」資格。ネットに関する出題範囲が幅広いので、出題の傾向と対策を把握するためにも公式のガイドブック(参考書)は目を通しておいたほうが良いですね。

・85問出題。 時間は90分です。 80%正解で合格。

85問をパソコンで回答していく集中力と体力が必要です。解いても解いても次々出題されるという感じ。自分の中では90%以上ぐらいで合格できるかな〜?と淡い思いを抱いていましたが、結果は84%で合格。 えっ、結構きわどいじゃん〜という感じ。合格したけれど結構落ち込んでしまいました。。。(苦笑)

↓ このブログパーツは重要。 ここの出題はほとんど試験にも出ていましたよ(笑)

●Web検定「Webリテラシー」
http://kentei.cc/k/6008



以下、これから受験される方へのアドバイス?試験対策?・・・になりますかね?
まぁとりあえず列挙してみます。

1.時間配分が大切。まずはどんどん解いていく(迷った問題は「チェックマー」ておいてあとで再確認できます)
2.時間配分もついては1分/1問以上あるけれど、実質的には30秒/1問以内でやりたいところ。
3.85問の80%で合格。 逆に、85問のうち17問間違えてもよい…を認識しておく。これで結構安心できます。
4.実務担当者だといろいろ考えてしまうけれど、一般論で回答したほうがいいようです
5・解き終わったあと、迷った問題(チェックマークをつけた問題)だけを確認できるので再考
6.このとき、迷った問題(解答に自信のない問題)が17問以下だったら「合格」ということです!!!

これから 受験する方に、幸運を祈ります!


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


テレビ埼玉のCMが何か琴線に触れる件(その2)

2011/03/04 00:42

●テレビ埼玉 TV-CM 1


●テレビ埼玉 TV-CM 2


●テレビ埼玉 TV-CM 3


このTVCMは、当時、物議を醸したCMでした。

「チャンネルをテレビ埼玉から変えさせない方法」をコンセプトに、ある意味、愚直に直球で勝負した企業広告でした。このUHF局のネット動画のノリが個人的には大好きです…勉強にもなるし。逆にキー局には最近全然ときめかないです。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


テレビ埼玉のCMが何か琴線に触れる件(その1)

2011/03/03 23:29

●テレビ埼玉 TV-CM 「SIGN」


●テレビ埼玉 TV-CM 「PHOTO」


●テレビ埼玉 TV-CM 「川の思い出」(環境広告)


私が埼玉県出身だからか?(生まれは九州(大分)だけれど、小学生以降ずっと埼玉)、テレビ埼玉には親近感を覚える。このTVCMもおもしろい。いい意味で、UHF局のコンテンツってネット動画のノリで面白いんだよなぁ。。。


記事へ面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


ad:tech Tokyo2010 の再考 「SlideShareとPodcast」の組み合わせ

2011/01/29 16:46

ad:tech Tokyo2010 の再考 「SlideShareとPodcast」の組み合わせ。今後のコンテンツのありかた。

「SlideShareとPodcast」でいつでも臨場感のある講義が受講可能だとあらためて実感。今後は意識して、講演時にページ数を明確に言ったほうがいいね。「次は●ページに移ります」と…。

●ad:tech Tokyo 2010 
「戦略面から見直すリードジェネレーションとカスタマーロイヤリティ」 Podcast
http://www.adtech-tokyo.com/ja/podcasts/mp3/20101029_trackA_01.mp3

●ad:tech Tokyo 2010 
「戦略面から見直すリードジェネレーションとカスタマーロイヤリティ」 PowerPoint資料(SlideShare)NEC担当分
http://www.slideshare.net/NECad/adtech-tokyo-2010

*********

●ad:tech Tokyo 2010 全講演 Podcast&資料 (これは貴重!)
http://www.adtech-tokyo.com/ja/presentations/index.html

●ad:tech Tokyo 2010 2日目の登壇者一覧
http://www.adtech-tokyo.com/ja/gallery2010/day2.html

●ad:tech Tokyo 2010 公式サイト
http://www.adtech-tokyo.com/ja/
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


有頂天「心の旅」

2011/01/29 15:55
最近、カヴァーアルバムとかが流行気味。

個人的には、カヴァーって原曲を無難にまとめて歌う…と思っていた概念を崩した楽曲が、有頂天の「心の旅」。1985年に発表した自主制作版でした。チューリップの名曲「心の旅」をここまで。。。。と当時の衝撃を覚えています。

●有頂天「心の旅」


ふざけているのではなく、原曲へのリスペクトが伝わるから心に響くのでしょうね。。。

ちなみに原曲はこちら。

●チューリップ「心の旅」


記事へ驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


バービーボーイズ/レイザーラモンRG & 鬼奴 「目を閉じておいでよ」

2011/01/07 23:46

ここ数か月、マイブームのネタ。すでにご存じの方も多いと思いますが、レイザーラモンRG & 鬼奴「目を閉じておいでよ」。イイです。これぞ「芸」。

●YouTube バービーボーイズ「目を閉じておいでよ」
http://www.youtube.com/watch?v=-1j7l7xeD_I

●YouTube レイザーラモンRG & 鬼奴 「目を閉じておいでよ」
http://www.youtube.com/watch?v=G9vj2mP04Zg

大学生の頃、よく聴いてたなぁ…。バービーボーイズの楽曲の数々が当時の彼女とダブります。今となっては単に過去の記憶ですけれど、、、。

記事へ面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


書籍「シェア」読書中

2011/01/03 23:53
書籍「シェア」読書中

画像


年末年始休暇中に読み終えようとしたけれど、何だかんだでようやく読み始めました。
ソーシャルネットワークが可能にした新しい経済とのことで、所有から共有・利用の時代の経済のことです。

読みながら少しずつモードが日常に。仕事満載なのを思い出しました。。。ちょっと憂鬱な夜。でも、やる価値はある仕事だと思うので頑張れ>自分。

読み終えたら、加筆します。。。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2010年、超個人的視野で業務・デジタルマーケティングを振りかえる

2010/12/28 23:46
●業務上で思い出深い出来事

1.「ソーシャルメディアポリシー」策定、公式アカウント展開、「はやぶさ」キャンペーンなどでソーシャルメディア活用
2・TBSラジオ「Dig」-NEC Wisdom-ソーシャルメディア活用の試行(8月〜9月)
3.「ad:tech Tokyo」スピーカー参加
4.日本アドバタイザーズ協会「Web広告研究会」幹事就任

社内の「村」感覚の脱却を意図して、対外的に情報発信・情報交換を目的に取材やセミナー講演などを積極的に受けるようにシフトしてきました。情報公開すれば、その1.2倍のメリットが得られるという感覚。メンバと一緒にその方向に対外的に交流しよう!と言って実践した1年でした。

●2010年 おもな業務トピック / おもなセミナー登壇

・1月: ニューズツーユー社 社内勉強会 参加
http://togetter.com/li/6925

・4月: NEC「ソーシャルメディアポリシー」策定
http://www.news2u.net/releases/67402

・4月: Web広告研究会 関西セミナー 参加
https://www.wab.ne.jp/wab_sites/contents/131

・6月: 小惑星探査機「はやぶさ」地球に帰還
http://www.nec.co.jp/ad/cosmos/

・7月: Web広告研究会 「Webプロデューサー育成初級講座」参加
https://www.wab.ne.jp/wab_sites/contents/1122

・7月: 第5回「アジャイルメディアネットワーク ソーシャルメディアマーケティング勉強会」参加
http://agilemedia.jp/staff/2010/07/1922

・8月: NEC 軽井沢72ゴルフトーナメント 開催
http://www.nec.co.jp/event/nec-karuizawa72/

・9月: Web広告研究会 関西「Webプロデューサー育成初級講座」参加
https://www.wab.ne.jp/wab_sites/contents/1159

・10月 「ad:tech Tokyo」 参加
http://www.adtech-tokyo.com/ja/conference/session_detail/October_29th_03.html

・11月 NEC C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2010 開催
http://www.nec.co.jp/uf-iexpo/

・12月: Web広告研究会 新役員就任のお知らせ
https://www.wab.ne.jp/wab_sites/contents/1220

振り返ると・・・、きっかけは、ニューズツーユー社の神原さんや、大和ハウスの大島さんからセミナー登壇のお声掛けをいただいたことが大きかったと思います。特に実績のない私に声をかけていただき、機会をいただいたことに感謝します。自社の取り組み・事例を公開することで、他社さんとの有効な意見交換ができるようになりました。

4月の「ソーシャルメディアポリシー」策定に関するバブル現象が起きました。取材が殺到し、嬉しい悲鳴と同時に、企業によるソーシャルメディア活用のスタートだと体感した時期でもあります。この策定においては @nuwande  が中心となって推進し、 @rozsam と私も一緒に形にしてきた感慨深いポリシーです。

10月の「ad:tech Tokyo」は、自社の取り組みを対外的にアピールできる絶好の機会でした。この機会をいただいた関係者に多大なる感謝です。ありがとうござます。 ただ、自分のデジタルマーケティングの業務スキルが浮き彫りにされるという体験もしました。何とも現実的な課題です。何が通用して、何が通用しないか、が明確に見えました。。。克服しなければ。

12月の「Web広告研究会 新役員就任のお知らせ」。これについては、来年、実際に活動を通じて結果を出すものなので、今では何とも言えません。ただ、列挙されているメンバに恥じない活動をしなければならないというプレッシャーはあります。うちの部門のメンバの協力も得ながら実践していきます。。。

広告主としては「実際の施策のデータを対外的に共有して議論の土台を提供すること」かもしれないと思っているので、常に新鮮な話題・課題を提供していきたいと考えています。。。

何はともあれ、業務を通じてお会いした人々が今後の私の財産になる気がしています。ありがとうございました。

・・・で、2010年は暮れていく。。。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


テレビ、スポットCM好調って…

2010/12/26 18:18
テレビ、スポットCM好調とのこと。

企業として控えていた広告宣伝費。提供番組につく固定費は厳しくても、スポットへの投下はできるようになったということか。テレビ局はスポットは枠がいっぱいでお断りしている状況だという。

これは純粋に喜ぶべきこと? 視聴率が下がっているから目標GRPを達成するために枠がすぐ埋まってしまうだけ? でも売上げが上がっているから問題ないのかな? この件に関しては不可解なことが多いです。自分の中で何かすっきりしていない…。 その辺をちゃんと分析しているところはあるのかな?

テレビ局の営業担当者の「おかげ様でスポット枠いっぱいで〜」という笑顔を見るたびに憂う。。。

****

一方、番組提供は不調ですねよ。。。

「番組提供」不調 → 「製作費」低下 → 「番組の質」低下 → 「視聴率」低下 → 「番組提供」不調 … の負のスパイラル。それに引きずられて、スポットCM収入もまた一気に低下する。。。早期に取り組みべきは「番組提供」の改善。でも、今までのやり方じゃ改善できないと思います。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


書籍「トリプルメディア マーケティング」読書中

2010/12/25 23:32
書籍「トリプルメディア マーケティング」読書中

画像


職場のメンバから借りていて、なかなか読めていなかったので一気に読みました。考え方を整理するのによい書籍。

LECTURE10 マーケティングROI
LECTURE11 デジタルCMO

の部分が特に興味深い内容でした。

マス広告も、デジタルマーケティングも、広報もすべて含めて、すべての効果を可視化し、マーケティングコミュニケーションを指標化・最適化していかなければならない状況。そのための手法と、それを全社で推進できる組織・ミッションが必要。広告主が主導になって、代理店と連携しながら同じゴールを目指していきたいです。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


映画「トロン・レガシー」鑑賞

2010/12/23 23:01

画像


映画「トロン・レガシー」鑑賞

「TRON」が上映されたときは私が高校生の頃だっかかも。フルCG映画とかで話題になっていたのを覚えています。実家に戻れば当時の映画チラシとかあるかもしれません。今回の映画にもJOURNEYの「セパレイトウェイズ」とかかかっているシーンがあるし。。。

・・・で、今回の作品はCG・3Dの魅力を存分に発揮。観ていてゾクゾク・ワクワクできる作品です。
詳細は記載しませんが、ストーリは親子のきずなを軸とした、わかりやすく、スピード感のある、観ていて楽しめる作品です。とにもかくにも「CG」「3D」を純粋に楽しむに尽きると思います

個人的には、観ていて「3D仮想空間 セカンドライフ」「銀河鉄道999の幽霊列車」「STARWARS」「記録媒体 フロッピーディスク」・・・などを思い出しました。

●「トロン・レガシー」
http://www.disney.co.jp/tron/menu.html



トロン:レガシー オリジナル・サウンドトラック
WALT DISNEY RECORDS
ダフト・パンク

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by トロン:レガシー オリジナル・サウンドトラック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


米米CULB Shake Hip!

2010/12/17 23:11

●米米CULB Shake Hip!
http://www.youtube.com/watch?v=YuP1bUY5F7I&feature=related

ニコニコ動画にも通ずるPV。先進的なプロモーションビデオでした。
楽曲の完成度もプロモーションビデオの完成度も秀逸。今でも新しい・・・。さすが、美大系のなしえる技。

そういえば、大ブレイク直前の米米CULBを学祭に招致して生ライブ観たなぁ。。。懐かしい。。。


バブル感満載なこのPVも必見

●米米CULB 浪漫飛行
http://www.youtube.com/watch?v=EepvZON0PDk&feature=related
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


JRA 「JAPAN WORLD CUP 2」

2010/12/04 23:02

画像


スキージャンプ・ペアで有名な、あの作品の系列。 JRA 「JAPAN WORLD CUP」DVDがあったので拝見。そのあとでWebを観たらver.2がありました。

Webでは擬似的にレースに賭けて楽しむことができます。普段、競馬はやりませんが、見てるだけでも結構ハマる楽しさ。ランキングも掲載されます。

個人的には「ピンクフェロモン」「チョクセンバンチョー」。でも「でもハリボテエレジー」の優勝シーンが見たい感じ。

●JRA 「JAPAN WORLD CUP 2」
http://www.jra-jwc.jp/
記事へ面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


映画「ソーシャル・ネットワーク」試写会にて雑感 #sn140

2010/12/02 12:56
映画「ソーシャル・ネットワーク」 映画の天才・試写会

画像


BIGLOBE「シネマスクランブル」編集長 中井くんが主催している「映画の天才」イベント。今回、声をかけていただき参加させてもらいました。 12/1(水)ソニーピクチャーズにて。

中井くんは私がBIGLOBEに在籍していたとき、直属上司・部下の関係以上の同志・戦友という感じ。今でも声をかけてくれることに感謝。後輩が幅広い分野で活躍しているのを見るのは非常に楽しいです。

…で、本題。映画「ソーシャル・ネットワーク」試写会

ストーリは単純明快。「facebook」の誕生秘話。ユーザ100万人になるぐらいまでの話です。ただし、実話を基にした作品とのことですが、サクセスストーリーの美談では決しなく、野望・名誉・金・男と女・・・が入り混じったお話でした。

・ネット時代の寵児を体現するように疾走するスピード感満載なストーリー。TOEICテストのヒアリングぐらい集中する必要がありそうです(私はもちろん字幕を凝視。字幕も速い速い…)膨大な会話量。それでいて無駄な会話が少ないというのも特徴。

・これぞ、クロスメディアだど感じる作品。疾走するストーリは驚愕のエンディングも、アメリカンドリームのハッピーエンドもありません。作品を観た者は、その後、facebookにログインしたとき、映画の続きを見ている、もとい、実際に映画に参加している感覚を覚えます。facebookの物語を観て、その後facebookを使っているのだから当然なのですが。。。

・一方、日本のネットサービスの今後を考えさせられる作品でもあります…。

あまり書きすぎるといけないと思うので、この辺で。

観た後、誰かと語り合いたくなる作品です。絶対、公開されたらまた観に行きます。

●映画「ソーシャル・ネットワーク」
http://www.socialnetwork-movie.jp/

●映画の天才
http://eiganotensai.com/

記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

『熱都力学(ネットリキガク)』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる